流行りのリフォーム

様々な特徴があるリフォーム

リフォームが流行っています。昔のようにリフォームのしにくい住宅は減少しており、リフォームのしやすい住宅造りが行われているためです。リフォームと言っても実に様々な種類があります。水回りや内装の一部分だけをする場合や二世帯住宅にする場合やオール電化にする場合など割と全面的なリフォームをする場合もあります。また、スケルトン状態にして躯体以外をすべて新しくする場合もあります。リフォームとよく比較されるのは建て替えです。建て替えの場合は、まっさらな状態にして1から建て直しますが、リフォームの場合は最低一部分は残すことに特徴があります。建て替えはできないけどもリフォームはできる例として再建築不可の建物があります。

再建築不可の建物について

再建築不可の建物をリフォームする機会が多いのは、建て替えをすることができないという法律での縛りがあるからです。もともと再建築不可の建物と認定されてしまったのは、その場所では消防自動車が進入しにくいからです。幅が4メートル未満の道路は消防自動車が進入することは難しく、火災が起きた場合延焼の可能性が高まり、数軒の住宅に被害が出てしまう可能性があるのです。大抵再建築不可の建物の周りには住宅が密集しているという理由で延焼しやすいという理由もあります。しかし、再建築は無理でもリフォームであれば再建築には当たらないために可能なのです。この場合に注意をしなければならないのは、火災が起きて全焼知った場合にはその土地には建物を建てることはできないという点です。